読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うちの子流~発達障害と生きる

発達障害を持つ子供たちとの日々をつづります。

スポンサードリンク

コンサータ止めてみました

しばらくばたついていたため久しぶりの更新です。
娘のADHDの投薬については前回書いたのですが、
以前はコンサータとリスパダール、夜尿の薬を始めたためにリスパダールをやめていました。

コンサータを始めて1年ちょっと、体も慣れ副作用もほとんどなく順調だったのですが
体重が始めたころに比べ全く増えていませんでした。
身長は伸びていたので気が付けばがりがりに近い状態。
元々多動でエネルギーを使うためたくさん食べても全く太らなかったのですが
ちょっとこれはどうなんだろうと・・・。

試しにコンサータを学校に行く日も止めてみました。
(今までは学校に行く日だけ飲ませていました)
数日様子を見ながら娘に「学校でじっと座っていたりすることが辛くない?」などと
色々聞いてみましたが大丈夫だという返事でした。
担任の先生にも一週間後に電話で実は薬をやめたのだけど集中力がないとか落ち着かないなど
変化はないか聞いてみたところ、特に気付いたことはなかったとのこと。
これはやめても大丈夫かな?と思い、ひと月くらい前からずっとやめています。

学校での変化はなかったのですが、この一か月振り返ってみると
家ではずいぶん変化はありました。
以前は夕方まで集中力がもっていたのですが、帰宅した途端スイッチが切れるのか
宿題に恐ろしく時間がかかるようになりました。
もともと多かった忘れ物や失くし物が一層増えました。
一時期とても丁寧だった字がみみずがはうように汚くなりました。
徒歩15分くらいの通学なのですが帰ってくるのに1時間くらいかかるように。
通学路を逸脱することは性質からあまり考えられないので
おそらく途中の何かに気を取られて夢中になっているのでしょう。
家ではとても気が短くなり衝動性も目立つようになりました。
やはり薬はかなり効いていたんだなぁと思います。

しかし体の成長を考えるとこのままコンサータを続けるのはうちの娘にとっては考え物です。
うちのケースの話で、他のお子さんはコンサータを続けても成長に支障のない場合も多いと思います。

先日、小児精神科の診察があって、体重が増えないのでコンサータをやめたことを告げ
その後の変化について話をしました。
相談の上、コンサータはこのまま中止しリスパダールを再開することになりました。
本当はこのまま精神薬をやめられればいいなという気持ちもあったのですが
家での行動でトラブルも多くどうしても叱る機会が増えています。
娘の頭の中は常に忙しそうで次から次へと飛び跳ねているようです。
落ち着けないから周りが見えない、自分のことでいっぱいで周りとトラブルになってしまう。
そんな感じに私には見えました。
やはりまだ薬の力を借りて少しでも楽にしてあげた方がいいのかなと。

リスパダールはしばらくやめていたので少量からスタートです。
飲み始めてすぐに効果が見える薬ではないのでまたしばらく様子を見てみたいと思います。
衝動性にはリスパダールが効くそうで落ち着いて物事が考えられるように
彼女の頭の中に少しの静寂が訪れることを祈っています。

学校ではあまり苦がなく我慢できていることが家ではほんの些細なことも我慢ができない。
やはり娘は環境によっての変化が大きいのかもしれません。
学校でがんばって我慢しているのだから家でくらいわがままを言わせてあげてもという気持ちもあるのですが
一人っ子ではありません。たいてい娘のわがままの被害に合うのは弟です。
優しく我慢強い弟もあまり理不尽な目にばかり合っていると爆発します。
彼もタイプは全く違いますが広汎性発達障害。
普段は穏やかな息子も一度機嫌が悪くなると切り替えが出来ずずっと引きずってしまいます。
たいていケンカの原因を作っているのは娘の方なのでどうしても叱ることが増えています。

うちは二人とも発達障害児なのでよくわからないのですが
健常のお子さんだと兄弟げんかしても自然と仲直りできるものなんでしょうか?
親が毎回間に入らなくてもいいものなんでしょうか?
うちでは不可能です。
放置していたら両方パニックで収拾がつかなくなってしまいます。
毎度毎度両方が納得いくまで話し、どうすればよかったのか考えます。
それでもすぐに同じことを繰り返してしまいますが^^;

年長児の息子の就学活動も最近始めたのですが
なにかと慌ただしくブログを更新する時間がなかなかとれずにいます。
娘のケース会ももうすぐ行う予定でいます。
書きたいことはたくさんあるのですが・・・
時間を見つけて少しずつやっていきたいと思います。

スポンサードリンク


 


「投薬」の関連記事

スポンサードリンク

当ブログはAmazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

当ブログではGoogle AdSenseを利用して広告配信をしています。