読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うちの子流~発達障害と生きる

発達障害を持つ子供たちとの日々をつづります。

スポンサードリンク

娘の常同行動 ゴリラ状態

常同行動とは、手のひらをひらひらさせたり、飛び跳ねたり、ぐるぐる回ったり

同じ行動を繰り返すことで、自閉症児によく見られます。

うちの子達もよくやっています。

自閉症児は予測のつかない事や新しいことに不安を覚えることが多いので

同じ行動をとることで自分を落ち着かせるためにやるとよく聞きます。

確かにそういうこともあるようですが

うちの子達を見ている限り、ちょっと違う場合もあるなと感じます。

例えばテレビでドキドキするシーンを見た時に

娘はジャンプを繰り返したり体を動かします。

体を動かしているうちに益々興奮し、さらに激しく飛び跳ねます。

落ち着くと言うよりは、心と体が共鳴し増幅されるようです。

他にすることがなく手もちぶたさの時にもよく現れます。

 

息子も同じところをぐるぐる回ったりするのですが

時には常同行動自体に没頭しやるべきことをすっかり忘れています。

常同行動は危険だったり他に支障がなければ

あー、やってるな~とみているだけで止めはしないのですが

(支障のない限りでは止めないほうがいいそうです。)

娘の場合、固有覚で刺激に対する閾値が非常に高く

つまり強い刺激でないと満足できないので

動きも激しく危険で周りに迷惑になる常同行動が多いのです。

なので理由を説明しやめるように促すのですが

ほとんど無意識のうちにやってしまうのでなかなかやめられません。

繰り返し繰り返し言っても半年から数年はやっています。

一つの常同行動が治まると、また違ったものが現れます。

 

最初は爪噛みでした。

娘は強くぐっと力が入る感覚を好むので固いものをかじるのが好きです。

激しくなったのが息子が産まれた頃なので

ストレスもやはり関係しているようです。

手の爪は半分はがれちゃったのかと思うほど深爪になり

かじるところがなくなると足の爪をかじっていました。

その後ストレスというよりは暇なときはひたすらやり続けていました。

指しゃぶりもあり爪がひどい状態だったので

爪に苦いマニキュアを塗ってかなり時間をかけて止めさせました。

↓これが爪噛み防止の専用マニキュアで口に入っても体に害はないとか。

誤飲防止のため子供用のおもちゃにも使われる成分だそうですが

私がなめてもすさまじい苦さです!

前もってあまり爪噛んでるとそのうち爪がにがーくなるよと予告をし

寝ている間にこっそりと塗りました。

爪噛みが治まっても常同行動は様々と続き、

逆立ちしまくり色んなものを破壊するので

逆立ちをしていい場所といけない場所を決め、

次はジャンプしすぎて床の板がなんだかたわんでいるような・・・。

マイブームのようにいつの間にか違う行動に移っています。

 

ここ2か月くらい前から始まった娘の常同行動が

手で色んなものをたたくこと。

ゴリラが胸をたたくドラミングのようです。

パジャマ姿で頭ぼさぼさですが参考までに動画アップしました。

30秒くらいの所から叩きます。

 

このドンドカドンドカを勉強中だけでなく一日やっています。

強い刺激を好むので大きく音の響く固いところでやります。

洗濯機とか壁とか、一人でお風呂に入っていても

湯船や壁をたたく音が家中に響きます。

手が空いている時はひたすら叩いている感じ。

流石にウルサイので弟が勉強している時などはやめるように言いますが

無意識にやってしまったり、代わりに自分の胸や頭を叩きます。

自分を叩くと言っても自傷行為ではなくこの刺激が娘には心地よいのです。

「家は太鼓じゃねぇし!」

「ゴリラのゴリ子!」

娘「いやーー!!!ゴリ子って呼ぶなーー!!」

ってやっています。

 

家では帰宅した途端にどんどこ始まって一日中やっているのですが

切り替えスイッチ付の娘はやはり学校ではやっていないのだとか。

先日の通級指導教室で娘を通級のある学校へ送った後に

私は息子の迎えに行き、息子と共に娘の通級教室に入ったら

娘が机をドンドコやっていたので先生に聞いてみると

私がいない間は一切やっておらず落ち着いていたと。

もしかして私がどんどこスイッチ・・・?

 

常同行動をやめさせる必要がある場合は

他にやることを与え、時間を計って常同行動をやらない時間つくり

少しずつ時間を伸ばして自分をコントロールする訓練をするとか。

そんなこと言われてもですねぇ、一日中やってるしー

やることあっても上の動画のようにどんどこやってるしー

無理です><

 

時期的に環境の変化によるストレスかと思いましたが

引っ越しや学年が変わる前から始まっていました。

同時に宿題などの家庭学習も困難になってきています。

集中すれば30分とかからない内容に私がつきっきりで数時間・・。

他にも問題が増え娘の状態は最近ひどくなっています。

話が長くなりますのでそのことはまた次回に書きたいと思います。

スポンサードリンク

 

「発達障害特性」の関連記事

スポンサードリンク

当ブログはAmazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

当ブログではGoogle AdSenseを利用して広告配信をしています。