うちの子流~発達障害と生きる

発達障害を持つ子供たちとの日々をつづります。

スポンサードリンク

ADHD薬コンサータの記事に寄せられたコメントに対する私見

昨日私のブログへ反精神科医療のお考えと思われる方からコメントが寄せられました。

該当記事の主旨上コメント承認はいたしておりませんが、コメントを書かれること自体公開を前提に書かれていらっしゃるはずですので、代わりにこの記事にて引用と私見を述べさせていただきたいと思います。

ただしこの私見に関してはそのコメントを寄せられた方へ向けての内容のつもりありません。

人それぞれ色んなお考えの方がいらっしゃることですし、他者が信じることついて議論をするのは不毛であると考えます。よってコメントを寄せられた方とこれ以上議論をするつもりは毛頭ありません。

しかし同じお考えを持つ方から似たようなことを言われ、悩み苦しんでいらっしゃる方も多いと考えましたので私見を述べさせていただこうと思います。

 

コメントを寄せられた記事はこちらです。

nanaio.hatenablog.com

 1年ほど前の記事です。

記事の中にもありますが、土日や夏休みなどの長期休暇中は体重コントロールのために休薬をしております。

娘は小学4年になった現在もコンサータ服用は続けています。

以下、コメント全文を引用させていただきます。

 ADHDとは?ここから考えてみましょうか。 精神科等無い時代にはどうしていたのでしょうか? 単に落ち着きの無い子供(個性・性格)だったのでは?子供なんだからそれでいいのでは?個性なのでは? 歴史に名を残す人物の多くはADHDだったと言われています。それは、探究心・創造力・行動力が優れているからです。 学校の先生から落ち着きが無いといわれる→子供を精神科に連れて行く→ADHAだと診断され薬を処方される→子供の人生をだいなしにする。 西洋医学が万能であると勘違いされている現代ではこのようなとんでもない間違いが起こります。 子供には罪はありません。親にも罪はありませんが・・・。 よく考えて見ましょう。ADHDという病気を新しく創る事によって誰が利益を得るのか。製薬会社と病院です。製薬会社はマスコミのスポンサーなので大きく報じられる事は無いでしょう。 西洋医学が優れているのは救命医療だけです。 病院に行って風邪が治りますか? 風邪も治せないのに新しい病気のADHDが薬で治ると思いますか? ADHDだけではなく精神科で処方される薬の多くは麻薬同等です。症状を感じなく無くなるだけで治りません。 1ヶ月以上服用しているのであれば依存になっています。止めたくても止められません。 止めるとまともに呼吸さえも出来なくなるでしょう。全身の筋肉が硬直し、痙攣します。失神する事もあります。記憶が失なわれたり、会話が出来なくなったり・・・まさに「地獄」の体験をします。 子供さんに与えている薬が安全だと思うならご自身で1ヶ月飲んでみられたらどうでしょうか? 全く効果が無いであろうその薬を止める時にどんな苦しみを味わうか、体験してみると良いかと思います。 私なら絶対に子供には与えませんし、友人や知り合いなら1日も早く止めるように薦めます。 精神科の薬を飲み続けると行き着く先は廃人か死です。 「ADHD 大統領」「トランキライザー 依存」等のワードで検索されてみる事をお勧めします。 

 

コンサータの依存に関して

先ほども書きましたように娘は数年にわたるコンサータの長期服用をしており、夏休みなどの長期休暇は休薬をしております。

 1ヶ月以上服用しているのであれば依存になっています。止めたくても止められません。 止めるとまともに呼吸さえも出来なくなるでしょう。全身の筋肉が硬直し、痙攣します。失神する事もあります。記憶が失なわれたり、会話が出来なくなったり・・・まさに「地獄」の体験をします。

この一文だけで本文を全くお読みになられていないのはよくわかりますが、

何年飲んでいても夏休みや冬休みに休薬しても娘にこのような症状は一切現れず元気に生活しております。

1年半ほど飲んだ後に体重調整の都合で半年ほど止めたことはありますが、特に体調に問題なく止めることができました。

コンサータを飲んでいない状態と変わらず多動や不注意や衝動性の多い状態に戻るだけです。

コンサータは12時間で薬効が切れるよう設計された徐放薬なので普段から薬が切れた夜間はこのような状態です。

私の周りにもコンサータを服用されているお子さんは何人もいますがこのような話は聞いたことがありません。

ただ、薬は合う合わないがありますのでコンサータの副作用である食欲不振などが強く出たりあまり効果が感じられなかったりでやめられたりストラテラに変えたという話は聞きます。

コメントを書いて下さった方がそのような実体験をされたのでしょうか?それとも身近なお知り合いの方でそのような体験をなさった方がいらっしゃるのでしょうか?

まさかどなたからか聞きかじった話でこのように断言されていることはないですよね。なにかの専門家の方なのでしょうか。

専門家の方ならコンサータを処方された人のうち何パーセントの方におっしゃっているような症状が現れたのか、一部の例ではなく精査のついた論文など信頼できるデータを是非示していただきたいものです。

インターネット上の記事はいろんなことを調べるのに便利ですが玉石混淆、個人が好きなことが書けますものね。

当ブログも自分と子供の体験を私の視点で書いているにすぎません。

薬や西洋医学が万能などとは思っておりませんし本文にも書いておりますようどんな薬にもまれに重篤な副作用が起こる場合があります。

たとえばよく使われる胃薬であるガスターのファモチジンにも意識障害や腎臓や肝臓の障害、鎮痛解熱剤であるロキソニンなどのロキソプロフェンにも心不全や喘息発作などがまれに起こりうる副作用として明記されています。

ファモチジン:ガスター

ロキソプロフェン(内用):ロキソニン

コンサータの主成分であるメチルフェニデートももちろんまれに重篤な副作用が起こりうると書かれています。

メチルフェニデート:リタリン,コンサータ

市販薬にしろ処方薬にしろたいていどの薬にもこのような重篤な副作用の可能性が示されています。

このまれに起きる可能性に対して薬を拒否されるのであればその方のお考えですし公衆衛生上問題がないものであれば本人の自由だと思います。

「西洋医学は救命救急だけが優れている」と書かれていますが救命救急でも往々にして薬を使います。まれに重篤な副作用が起こりうる薬を。

長期だから短期だからの違いはあるでしょうが副作用が起こりうる可能性があることは同じなのです。

コメントの文章からだと100%のように断言して書かれていますが少なくともうちの娘の場合はコメントに書かれていたような依存症状は一切出ておりません。

 

利益の追求に関して

「薬を売って利益を上げるために子供を病気に仕立てている」という説はよく耳にします。

よく考えて見ましょう。ADHDという病気を新しく創る事によって誰が利益を得るのか。製薬会社と病院です。製薬会社はマスコミのスポンサーなので大きく報じられる事は無いでしょう。

製薬会社や病院はボランティア活動ではありません。専門技術を持った専門家の集まりです。その専門性と技術に対して対価を払うのは当然のことと私は考えます。

資本主義社会の中で経済活動を行うにあたり、民間企業が利潤を追求することも当然です。

誰かが利益を得ること自体がお気に召さないのであれば、物を買ったり仕事をし対価を得るという経済活動自体を否定すること。やめられたほうがよろしいのではと思います。

このように人によって考え方の大きな違いがあるのですから、医療関係の方にもいろいろいらっしゃるでしょうし中には過剰投与などの問題が存在するのも事実なのでしょう。

国家資格を持ったお医者様でも全ての方が人徳者であるはずもなくもちろん万能でもありません。

しかしすべての精神科医が過剰投与をしているわけではなくごく一部に過ぎません。

処方される薬や診断によって救われる人の方も多くいらっしゃるにもかかわらず一部を誇張しすべてのように話されるのは、非常に迷惑な話です。

「自分たちだけが真実を知っている」という優越感に浸りたいのであればどうぞお仲間内だけでやっていただけないでしょうか。

少なくともうちの場合は、診断と投薬によって親子共々救われました。

 

コンサータを飲む目的について

 病院に行って風邪が治りますか? 風邪も治せないのに新しい病気のADHDが薬で治ると思いますか? ADHDだけではなく精神科で処方される薬の多くは麻薬同等です。

コンサータはADHDを「治す」薬ではありません。治す目的で処方され飲ませていると言う認識もしておりません。

薬を処方する目的として対症療法と原因療法があります。

「原因療法」はその病気自体を治す目的のもので「対症療法」は苦痛となる症状を和らげることで生活を快適に過ごすために行われます。

風邪薬の場合も多くはこの対症療法です。風邪による不快な症状を和らげ風邪の治癒自体は本来人間の持っている力で行います。

医学も万能ではありませんのですべての病気や障害を原因治療できるわけではありませんからね。

「対症療法」自体を無駄なものと否定されるのであれば痛み止めやかゆみ止めなどをお使いにはなっていないのでしょうね。

コンサータはこの対症療法に使われる薬です。

ADHDの特性である多動、不注意、衝動性を抑えることで日常生活の失敗や人間関係の問題を少なくし、自分自身に対する自信を失わず成長していけることを目的として飲ませています。

このことは娘本人も知っており、最近では飲んでいる時の方が物を見つける時も今まで平面のごちゃごちゃにしか見えなかったものが見つけられるようになった、何かしたい時に他に気を取られて集中出来ないことがないし楽だと言っています。

1年前の記事を掘り起こしたということはわざわざ検索して当ブログにお越しいただいたのでしょうし、他人に説教をするくらいならよほどの知識がおありかと思いましたが、このような薬の基礎知識もお持ちでないとは。
対象をろくに知りもせず批判するほど滑稽なことはありませんね。
人に検索を勧めるなら自説に都合のよい話ばかりではなくまずご自分が基礎知識をつけるべく一般常識を勉強されたほうがよろしいのではと思いますよ。

コンサータの主成分であるメチルフェニデートが「覚せい剤取締法」で規制されているアンフェタミン類と似た作用機序であるということは存じております。

覚せい作用と言う意味においてはカフェインなども含まれます。

問題となるのは不正入手による乱用や依存ですよね。どんな便利な道具でも使いようによっては凶器になるのと同じです。

リスクとそれによって得られるメリットを天秤にかけて選択をする。これは薬に限らずあらゆるシーンで行われることですし、違法や公衆衛生上の問題でなければ個々の考えでよいのではないでしょうか。

他人が口を出すことではないと私は思います。

コンサータは厚生労働省の指導により流通経路や認可された薬局や医師による処方など厳重な管理がされており、徐放剤という特殊なカプセルよって半減期の短いメチルフェニデートの効果を少ない服薬回数で長時間持続させることが出来るのです。

またメチルフェニデートは、精神的依存はありますが身体的依存は認められないとされています。

専門の医師による処方に基づき使用する上では有用であるとされております。

 子供さんに与えている薬が安全だと思うならご自身で1ヶ月飲んでみられたらどうでしょうか? 全く効果が無いであろうその薬を止める時にどんな苦しみを味わうか、体験してみると良いかと思います。 私なら絶対に子供には与えませんし、友人や知り合いなら1日も早く止めるように薦めます。

 コンサータは向精神薬に分類されています。

向精神薬は「麻薬及び向精神薬取締法」によって処方された本人以外に譲渡されることが禁止されております。

そもそも向精神薬でなくとも医師に処方された薬を他人に勝手に飲ませると言う行為は「薬事法」に置いてもグレーゾーンですよね。

我が子のものであれ親が勝手にコンサータを飲むと言うことは犯罪行為です。

気軽に他人に犯罪を勧められるのはどうかと思いますが。

薬をこの方がお子さんに与えるかどうかはこの方のお考えですからどうぞご自由にとしか申し上げられませんね。

我が家とは関係ない話です。友人や知り合いでなくてよかったとしか思えません。

 

ADHDは個性なのか

 ADHDとは?ここから考えてみましょうか。 精神科等無い時代にはどうしていたのでしょうか? 単に落ち着きの無い子供(個性・性格)だったのでは?子供なんだからそれでいいのでは?個性なのでは? 歴史に名を残す人物の多くはADHDだったと言われています。それは、探究心・創造力・行動力が優れているからです。 学校の先生から落ち着きが無いといわれる→子供を精神科に連れて行く→ADHAだと診断され薬を処方される→子供の人生をだいなしにする。 西洋医学が万能であると勘違いされている現代ではこのようなとんでもない間違いが起こります。

どれだけ発達障害に関しての知識がおありなのかは存じませんが上からのご指摘ありがとうございます。

個性だと思われるのも子供だからこういうものと思われるのもその方の自由です。

自閉症がスペクトラム(連続体)であるのと同じようにADHDも多くの人がなにかしら似たような特性を持っているでしょう。

近い特性を持ちながらもご自分の工夫により社会に適応されていらっしゃる方も数多く存在すると思います。

しかし障害と診断までに至ったからにはそれが日常生活に支障をきたすレベルであったということです。

37度の微熱と40度の高熱の違いと言ったらわかりやすいでしょうか。

眼鏡の無かった昔には近眼の人はどうしていたのでしょうね?個性として済まされ困ってはいなかったのでしょうか?

昔と今で人が生きる生活環境に変化はないのでしょうか。

おっしゃるとおりADHDの特性は困ったことだけではなく優れた面も持ち合わせています。

コンサータも万能な薬ではありませんのでその特性全てを消してしまうわけではなく注意欠陥や多動を抑える効果があるとされている薬です。

ADHDの中にも素晴らしい功績を残された方がいるのだから薬がなくても全員問題はないとされるのであれば、難聴を抱える方にベートーベンみたいな才能があるかもしれないので補聴器は必要ないとおっしゃって見られてはいかがでしょうか。昔は補聴器などなかったのですからね。

うちの子の場合、学校や園から落ち着きのなさを指摘されて診断に至ったわけでもなく、就学前より診断を受けております。

適切な療育を受け、学校や先生方の理解と配慮のおかげと薬による底上げにより授業中の立ち歩きなどもなく現在は楽しく毎日学校へ通っておりますよ。

 

おわりに

お子さんが発達障害かもしれない、または発達障害と診断された方々の中には、このコメントのようなお考えの方になにかを言われたり、もしくは身内の方がこのようなお考えで理解を全くしてくれないなどと悩まれる方も多いと思います。

私の周りにもある問題です。

このブログに書いていることは私自身が得てきた情報と子供達と共に経験したことに基づく私個人の考え方であり、すべてが正しいとはもちろん思っておりません。

投薬を勧める話ではありません。うちの娘にとって必要だから処方され飲んでいると言うだけの話です。

投薬だけでどうにかなる話でもありませんし、環境整備など出来ることをやってからの一つの手段としての投薬と考えています。

このコメントは娘も一緒に読みました。そしてこの記事も娘に見せるつもりです。

「世の中、よく知りもしないのにどこかで聞きかじった話を鵜呑みにして人に押し付ける人もいるから気をつけようね」と。

おかげさまで毎月何十万と数多くの方々に読んでいただけているようですが、一つの情報に惑わされず、目の前のお子さんに向き合い、お子さんとご自身にとってよりよいと思われる選択をされますようお願い申し上げます。

なお、文頭でも申し上げましたようにこれ以上の不毛な議論をするつもりもないので、反論等のコメントをいただいてもこのブログの読者の方々にメリットがあるであろうと私が判断しない限りは承認いたしませんのでご了承ください。

自論はご自分の所で行っていただきますようお願いします。

「ニセ医学」に騙されないために   危険な反医療論や治療法、健康法から身を守る!

「ニセ医学」に騙されないために 危険な反医療論や治療法、健康法から身を守る!

 
ADHD 注意欠陥多動性障害の本 (セレクトBOOKS育ちあう子育ての本)

ADHD 注意欠陥多動性障害の本 (セレクトBOOKS育ちあう子育ての本)

 

スポンサードリンク

 

追記

自論はご自分の所でどうぞと申し上げたはずですがまたしてもご親切に自論を持ってこられた方がいらっしゃいました。

立派な意見をお持ちのようですが、結論はお子さんが大人になった時に分かるものです。

~リンクは中略しました~

今の問題を対処するだけのことで、今依存や副作用がないから大丈夫だと考えるのはいかがなものかと思います。 結論は今出ているのではないのです。

本文のどこにもこれで我が子の将来を結論付けたようなことは書いておりませんし、今後の投薬を継続するか否か、現状で依存症状は出てなくともその他副作用が出ているかどうかに対しては一言も触れておりません。重篤な副作用の可能性には触れておりますしそれが我が家に今後も関係ない話とも書いておりません。
リンクした元となる記事に子供の投与に対する長期服用のエビデンスがないことも書いております。この薬が絶対に安全だと主張したこともありません。
リスクとリターンを秤にかけたと書いておりますがリターンは現状のことだけを考えているわけではありません。そのことは元となる記事に明記してありますが。
元のコメント主さんのおっしゃるような事実は我が家において現状ないこと、その他ご意見に対して全く賛同できないと申したまでです。
本文をまともに読まずして行間を読むのがお得意なんですね。
わざわざ1年前の記事をおそらく検索までして他人の選択の自由を自論の展開のために侵害してくる人が非常に迷惑だという主旨の文章なんですが、そこの行間はお読みになられなかったようで。

なんのためにこのようなコメントを送られてくるのでしょう?
これで私の考えを正してやろうというおつもりでしょうか?
意見の違う他人の考えがそのような切り口で変わるとでもお思いですか?
本気でそう思われているとしたら人間との付き合い方をもう少し学ばれたほうがよろしいと思いますよ。
本文は冒頭でも申し上げましたように元のコメント主さんの考えを変えさせようという話ではなくこのような話に迷惑をしている人がたくさんいるのでその方々の参考になればと書いたまでです。
他人の考えを正そうなんておこがましいことを考えるほどずうずうしくはありませんので。
おそらく気に入らない文章に対して自論を言ってすっきりしたいだけですよね?
リンクを貼られた記事は以前に目を通したことはありますよ。
文中にもありますように一つの意見だけを盲信するほど馬鹿ではございませんのでいろんなものを見た上での我が家の判断です。それを一意見として自分のブログで申したまでのこと。
自分たちは真実を知っていると思われるのはそちらの勝手ですが、是非とも気の合うお仲間とご自分のところでやってください。
こちらに持って来られても元のコメント主さんと同様、ストレス発散の為に噛みつく先を一生懸命探しているかわいそうな方としか私には思えません。
見ず知らずの他人に自尊感情の糞を投げるような真似はやめていただけますでしょうか。

今後は一切スルーさせていただきます。

「投薬」の関連記事

スポンサードリンク

当ブログはAmazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

当ブログではGoogle AdSenseを利用して広告配信をしています。