読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うちの子流~発達障害と生きる

発達障害を持つ子供たちとの日々をつづります。

スポンサードリンク

投薬

リスパダールと不安の強い息子 自閉症スペクトラム児の薬物療法

息子はとても不安の強い子です。受動型といわれるタイプで大人しく自分からトラブルを起こすことはめったにありません。 自閉症スペクトラムの特性である社会性やコミュニケーションやこだわりなどの問題は持っていますが、困っていても周りに迷惑をかけない…

オキシトシンによる自閉症治療をどう考える?

近年、自閉症スペクトラムの特性のひとつであるコミュニケーション障害の改善に効果があるといわれている「オキシトシン」による治療が注目されています。 2015年9月4日に東京大学付属病院よりプレス発表がありました。 オキシトシン経鼻剤連日投与による…

ADHD薬コンサータの記事に寄せられたコメントに対する私見

昨日私のブログへ反精神科医療のお考えと思われる方からコメントが寄せられました。 該当記事の主旨上コメント承認はいたしておりませんが、コメントを書かれること自体公開を前提に書かれていらっしゃるはずですので、代わりにこの記事にて引用と私見を述べ…

ADHD治療薬コンサータってどんな薬?成人当事者さんの体験記から知る感覚

現在、ADHD治療薬として日本で承認されている薬は コンサータ(メチルフェニデート塩酸塩徐放剤)と ストラテラ(アトモキセチン塩酸塩)の2種類です。 コンサータはどんな仕組みでなぜADHDに効くの?ということは こちらに詳しく書いてありました。 ADHD治…

発達障害と夜尿症の関係 おねしょやおもらしの話

以前、娘の夜尿治療について書いたことがあるのですが とうとう息子も夜尿治療のお世話になることになり今は二人とも治療中です。 <a href="http://nanaio.hatenablog.com/entry/2014/05/09/120844" data-mce-href="…

ADHD治療薬コンサータや抗精神薬リスパダールを娘に投与し続けていることについて。

ADHD(注意欠陥多動障害)とアスペルガー症候群の診断のついた娘に 投薬を初めて4年になります。 現在小学3年生。幼稚園の頃から飲んでいます。 ADHDの薬は現在リスパダールとコンサータ。 投薬に踏み切るまでは悩みに悩んだし 主治医の先生に何度も相談に乗…

お医者さんへかかるときの工夫と配慮。

今日、Twitterでフォロワーさんがこんなツイートを。 医療機関のみなさまへ!『発達障害の人たちをよろしくお願いします』/このパンフレットは発達障害者の医療受診について、障害に理解を求める医師たちが監修して作成されたパンフレットです。医療機関へ…

ADHD薬コンサータの長期服用について

先日コメントで質問をいただきました。 一部引用させていただきます。 私が情報として一番気になったことが、コンサータ(メチルフェニデート)を長期的に服用すると、脳の可塑性の問題がある(特に小児)とありましたが、どのようなものだと推測されますか? ゆ…

ADHD児の苦悩

再生回数の多い動画なのでご覧になった方も多いと思いますが とてもわかりやすいものでしたので載せておこうと思います。 タイトルは「小児期 ADHDの正しい理解のために」 どっちかというと理解のためにというよりは ADHD児の苦悩とその家族の困惑を…

コンサータ再開 娘の変化

ゴールデンウイーク明けからADHD薬のコンサータを再開しました。 娘は、年長の6歳になってからすぐコンサータを始め、 副作用が強く出たためすぐに中止。 薬を使うまでは悩みに悩んでやはり娘のために続けることを決意しました。 ADHDの投薬に関し…

夜尿症の治療と家庭での対策

自閉症スペクトラムと関係するのかどうかはわかりませんが 同じ発達障害を抱えるお子さんの保護者の方からも 夜尿の悩みはよく聞きます。 うちの娘も夜尿症で治療をしています。 現在小学校3年生の娘が夜尿治療を始めたのは1年生の冬。 夜のオムツが外れな…

ADHDの投薬に関して現在の考え

このブログの検索ワードにコンサータやリスパダール、ADHDなどが多く見られます。 やはりお子さんへの投薬に関して悩んでいる方が多いのだなぁと。うちの娘の投薬は今までの記事に経過を書いていますが 4歳で診断がついた時に投薬を勧められ、5歳から…

コンサータ止めてみました

しばらくばたついていたため久しぶりの更新です。 娘のADHDの投薬については前回書いたのですが、 以前はコンサータとリスパダール、夜尿の薬を始めたためにリスパダールをやめていました。コンサータを始めて1年ちょっと、体も慣れ副作用もほとんどな…

ADHDの投薬

娘にADHD(注意欠陥多動性障害)の診断が付いて間もなく、主治医に薬を勧められました。 そこで言われたのは「このままではお母さんが大変でしょう」 確かに私はいっぱいいっぱいだった。 しかし、当時まだ5歳の娘に精神薬を飲ませることにすごく抵抗を…

娘に診断がつくまで ②

前記事の続きです。 発達障害の診断はついていますが、娘はこれといって身体的発達が遅れているということはありませんでした。 寝返り、お座り、歩き始めもごく標準。言葉も普通に出ていました。 なので2歳で娘が「言葉はわかっていても無視をしていた」こ…

娘に診断がつくまで ①

娘が生まれたのは私が38歳になる寸前でした。 ずっと欲しかった自分の子供。切迫流産で入院するも無事元気に生まれてくれました。 それはもうかわいくてかわいくて仕方がなかったです。 第一子ですし、当時引っ越したばかりの土地で周りに子育てをしている知…

スポンサードリンク

当ブログはAmazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

当ブログではGoogle AdSenseを利用して広告配信をしています。